目元を気にする

メイク代の節約にもつながる美容整形クリニックでのクマ治療

クマの原因に合わせたクマ治療術

女性なら誰もが気にしてしまう目の下のクマの治療法について紹介します。まず、目の下のクマができる原因はクマの種類によって違います。治療の上で重要なのはその原因を把握し、対処していくことです。目の下のクマが黒色の場合は加齢が原因となるものが多く、この治療には美容整形が多く用いられます。細かい治療方法についてはその時のクマの状態によって名医の診察の元しっかりと相談して決めてください。
近年では目の下を切開する治療法はほとんどなく、術後の経過で目の下が腫れたりすることも少ないので気を楽にして治療を受けることができます。目の下のクマが青色の場合は血流停滞による毛細血管が見えておりクマになっている状態です。主な治療方法は日常生活の改善・血行不良の改善です。
目の下の皮膚は薄く、そのすぐ下にある毛細血管の血流がよくないためにクマとなっているので、ホットアイマスクで目元を温めたり、生活リズムを整えて健康を保つことで血流を改善し青いクマを薄くすることができます。それでも目立って気になる場合は名医の美容整形クリニックで脂肪注入をすることで目立たなくすることもできます。目の下のクマが茶色い場合は色素沈着が主な原因です。この色素沈着に関連しているのがメラニン色素というもので、治療には美容整形でのレーザー術が用いられます。時間のかかる治療なので根気よく治療を進める必要がありますが、名医なら満足のいく効果が得られる可能性が高まります。

HEADLINE

INFORMATION

このページのトップへ